オタク自省録

オタクのオタクによるオタクのためのブログ

オタク VS 閉経まーん

それはある日、オタクがいつも通り居酒屋ホールとしてアルバイトをしていたところだった。

「ちょっとこれさあ」

レジ近くの卓に鎮座している若作り女子43歳(推定)が怒りと嘲笑の表情でこちらを睨んでくる。歳不相応の髪型や化粧から、彼女がファッションモンスターであることは一目でわかった。「こんなの入ってるんだけど?」右手でつまむは切符サイズの紙きれ。提供する食事の内容が記載されたものであった。

「失礼しました。取り替えますので少々お待ちください」

そういって鍋一式を下げようとするオタクこと筆者。その心の内は”無”である。古今東西キチガイが来店する当店において、クレームの一つ程度で気を荒立てているようでは精神が持たない。当店では連日、湯婆婆が経営する神々の湯屋のように、津々浦々の厄介たちが実に厄介な戯言を並べていく。

しかし、若作りババア(43)は一向に鍋を渡そうとしない。顔にはどこかいたずらな、それでいて本心からの不安をあらわしたような不気味な表情が浮かぶ。厚化粧の上からでも見て取れるため、これは並大抵のことではない。

「ちょっとありえないんだけど。こんなんでいいのこの店?」

答えはもちろん「YES」である。いちアルバイトの筆者にとって店の経営など知ったことではない。そもそも、料理酒を日本酒として提供したり、床に落ちた鶏肉をそのまま皿にのせたりしている当店の内情を知っているのだから、この店のサービスの品質など気にしたことがないのである。筆者は現在無我の境地に至っている。マニュアル通りにサーセンと平身低頭を続けるのみだ。

しかしこの女、なかなか攻撃の手を緩めない。「サービス業って何かわかる?」「私お金払ってるんだけど?」「すみませんじゃねえよ」心頭滅却し、精神的静止状態を作り上げていた筆者であったが、賞味期限切れのまんこに言いたい放題されてはいきり立たずにはいられない。

「じゃあもう次から来なくて大丈夫なんで!」

かくしてオタクはいきり立った。

「はあ?」ファッションモンスターは怯むことなく、むしろバイトである筆者がかみついてくることを待っていたかのようであった。「何その態度。これ全部報告させてもらうから」まん様はこのように豪語し、勝ち誇ったようにふんぞり返っているが、誰に報告するのか知ったことではない。店長は筆者より店舗内ヒエラルキーが低いし、食べログに低評価をしたところでいつも通り店名を変えるだけである。(このような事例は過去に幾度となくあり、数か月に一度は食べログリセットのため店名が変わっている

「別にいいっすよ。とりあえず下げさせてもらっていいすか?」

筆者の口調ももはや適当である。

「あなた店の評判悪くなってもいいの?」

「いや僕バイトなんで、どうでもいいっすわ」

「あのねえ!」

以下、初老のまーんによる整合性のない感情の発露が続く。「はあ」と相槌を打ってあげる程度のサービス精神が残っていたのが筆者の唯一の救いである。しかしいつになっても話が終わらず、社会的に無価値な女と会話する時間ほど無駄なものはないので、「とりあえずもう来なくて大丈夫なんで、もういいですか?」と言ったところ「あなたはもうこの席に来ないでくれる?」と言われ、ここにオタクと閉経まーんのフリースタイルダンジョン終結した。

以後、ほかのバイトに接客を丸投げすることとなったのがが、「あの卓ヤバいっすね!」「卍すぎませんか?行きたくないんですけど私!」と、本気で訴えられた。接客拒否は早い者勝ちである。

 

今回筆者が伝えたかったのは、筆者のしょうもない武勇伝ではない。筆者の姿はむしろ、業務を放棄し客に悪辣な態度を取るゴミバイトの典型である。本当に伝えたいのは、三、四千円程度のコース料理の居酒屋は大抵がウンコみたいな店なので、そのような店に優良なサービスを求めるのは高望みであるということである。クソみたいなサラリーマンや底辺臭いヤンキーが出入りしている店に何かを期待してはいけない。相応のサービスは相応の金があって初めて享受できるということを忘れてはならない。

というわけで、読者諸賢は筆者のようなゴミオタクが働くウンコ以下の居酒屋には決して来ないように。