オタク自省録

オタクのオタクによるオタクのためのブログ

読書記録 美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?

忌まわしき行政書士試験の束縛から解放され、ようやっと思う存分読書ができるようになった。正直な話、別に試験日まででもSNSをこねくり回す時間を割けばいくらでも読書ができたわけだが、そこは現代社会を生き抜く若者にとってSNSがどれほど重要かということを鑑みていただきたい。ケツ毛ほどの価値である。

 

今回紹介する本は『美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?』というビジネス本である。

 

f:id:soa_wing:20171117203643j:plain

 

それはある平日の昼下がり。登校拒否を決め込んだ筆者が暇を持てあまし、ブックオフを我が物顔で闊歩していた時のことである。吝嗇化の筆者が青木まりこ現象に悩まされつつ200円コーナーを彷徨っていたところ、実に興味深そうなタイトルが目に入った。これは別にこの夏流行った某アニメ映画とタイトルが類似していたためではない。打ち上げ花火に関して、筆者に碌な思い入れはないのである。深く言及してくれるな。

 

本の概要としては、若き女性社長である由紀が経営難に陥ったアパレル会社を立て直すべく、謎の一流コンサルタント安曇の助言を受けつつ問題解決していくものである。物語は9章に分かれており、各章ごとにビジネス知識がテーマ設定されており、物語に沿ってわかりやすく(似非法学しか存じ上げない筆者にもわかった)解説してくれる。

筆者は昨今r&bにドはまりしているので、youtubeで適当な洋楽r&bを流しながら拝読していたところ、経営危機のビジネスストーリーなのに終始レゲエな雰囲気で楽しむことができた。場違いの典型である。

 

しかしこの本、少し読んでみるとわかるが、タイトルにあるような理髪店経営争いが全く描かれていない。キナ臭いコンサルタントが美容院と1000円カットのたとえ話を持ち出すのは物語半ばの5章。やっとの思いで読み進め、気になっていた議題にたどり着く頃には、筆者の脳内はr&bの影響で1940年代に遡っていた。

さらにこの物語は、各章ごとに臭いコンサルタントが生娘かつ社長の主人公をヨーロッパ各地まで招集し、ビジネスに関する蘊蓄を垂れ流すのだが、何故か毎回ワインに関する豆知識が登場する。読破した後に経営に関する知識は実に曖昧模糊であるのに対し、ブルゴーニュ地方で採れるブドウは赤ワインがピノノワール、白ワインがシャルドネなど、酒の知識だけが筆者の記憶領域にこびりついている。架空の経営難より目先の肉バルに意欲が向いていたことは否定できない。ちなみに筆者はシャブリが好物である。

 

登場人物のコンサルタントがキザすぎて著者の間接自慰を強く感じたこの一冊。裏表紙を見ると著者は筆者と同じゴミオタク大学の教授であった。なるほど確かに。生徒の9割が猿で残りの1割は得体のしれない詭弁でしかコミュニケーションをとれない我が大学で研究しておられれば、通常の数倍自分が優秀だと感じることだろう。登場人物に自己投影することもやぶさかではない。

 

総評すると、初心者向けで読みやすく、酒の知識まで身につく素敵な一冊である。経営学会計学、ワインに興味のある方は読んでみてはいかがだろうか。