週刊文盲 オタク自省録

オタクのオタクによるオタクのためのブログ

チューリングテストの天啓

地獄のようなテスト期間がついに終結した。「情報を集めればノーベンでもなんとかなるっしょw」という私立文系クソ大学生の魂胆を見事見抜かれ、木端微塵に粉砕された。教授たちの教育に対する熱意を感じた期末試験であった。つまり、落単必須といった手ごたえである。

しかしチンポ物権こと担保物権を担当した教授だけはいただけない。というのも、チンポ物権という科目を担当すること自体がすでに公序良俗に反するこの上なく卑猥な行為であるのに、試験問題にチン料債権の話を持ち出したのだ。間接的セクシャルハラスメントであることは明確である。試験問題を通じて我々学生に一体何を伝えたかったのだろうか。それを理解できないあたりが俺の学力の限界であろう。

 

テストの懺悔はここまでとして、最近このような本を読んだ。

f:id:soa_wing:20170806182843j:plain

 

もともと以下のサイトで哲学、化学、数学などの学術的な内容を中卒でもわかるようにかみ砕いて記事にしていた飲茶という方が出した本である。ウェブサイトに載っていない内容はほとんどなかったが、いちファンとして購入した次第である。

www.h5.dion.ne.jp

 

テスト前の大学大教室で、俺はなんとなくこの本を開き、チューリングテストの項目を開いていた。『チューリングテスト』とは、AI(人工知能)に知能はあるかどうかを試すテストである。詳しくは飲茶氏の記事でも読んでいただきたい。(http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/chu.html

これを読んでいると、俺の単位の源たるED君がのぞき込んできた。

チューリングテストじゃん」

知っているのかと尋ねると「有名なやつだから」と、むっつり返す。流石はED君である。生殖機能と引き換えに並外れた知識を手に入れたとの噂は本当なのかもしれない(そんな噂はない)。

 

その後俺は帰宅し、最近の日課であるアマゾンプライムビデオB級クソ映画鑑賞会を開催した。

f:id:soa_wing:20170806184411j:plain

こちらである。キチガイのような顔をしている本作の主人公である彼はまごうことなきガイジ、正確にはコミュニケーション障害者である。彼はイギリスの天才数学者で、第二次大戦時にドイツで使われていた解読不可能の暗号『エニグマ』を解読するため奮闘するお話である。そして彼の名はアラン・チューリングそう、かの有名なチューリングテストの発案者である。

この映画を選んだのは偶然である。タイトルにもあらすじにもアラン・チューリングの名前はないし、俺は天才だから映画の展開より先にエニグマを解読できると踏んでの視聴であった。映画の内容はチューリングの伝記のようなもので、彼が優秀な数学者であること、チーム内で会話ができないほどコミュ障であったこと、同性愛者なのがバレて逮捕されかけたこと、そのくせ女と結婚するノンケでもあったことなどが描かれている。普通にA級映画である。俺にバッファローの脱糞を見せてくれアマゾンプライムビデオ。

 

そのまた翌日、今度こそはウンコ映画を観ようと思い、関連項目にあるいかにもB級っぽい作品を選んだ。それがこちら。

f:id:soa_wing:20170806185228j:plain

 

左側にある売り文句がB級ポイントである。『視覚効果賞受賞』など、ストーリーが糞以下であることを露呈しているようなものだ。俺はウキウキしながら視聴を始めた。

 

そうすると、ここでも出てくるのである。チューリングテストが。

 

ストーリーは、人型AIに人間のような思考力があるかどうかを人間である主人公がテストするというもの。つまり、チューリングテストだ。登場人物の口からもチューリングテストという単語が出てくる。ちなみに内容はB級である。俺御満悦である。

ここ二日間にわたる『チューリングテスト』の呪縛。もはや偶然などではなく、運命と気づく。『チューリングテスト』を介して、神はいかなる天啓を俺に授けたのか。俺は考えた。考えようとして考え方を忘れたことに気づき、ニ、三日右往左往したが思考を続けた。そして導き出した答え。それは、「俺には天才数学者としての素質がある」というものである。

 

改めて自己分析を重ねてみると、俺がいかに数学者としての素質を持ち合わせていたかが判明した。

・ガイジ(コミュニケーション障害)であること

・同性愛の素質があること(ホモくさいおっさんにモテる)

・大学受験時に数学で類稀な実力を示し落ちたこと

誰が何と言おうと、天才数学者の才覚がある。能ある鷹が爪を隠すが如く、20年間に渡り自らを偽り隠匿し続けた天賦の才である。今すぐ新たな公式を生み出そう。シンギュラリティより先に人工知能以上の知能を身に着けよう。そして『俺の最終定理』を残して世を去り、『生きるオーパーツ』の名を欲しいままにしよう。

 

「決めた。俺は天才数学者になる」

 

オタクは再びいきり立った。