週刊文盲 オタク自省録

オタクのオタクによるオタクのためのブログ

読書記録1 終末何してますか?もう一度だけ、会えますか?

週刊分盲と銘打っておいてやはり週刊できない当ブログ。しかし今回ばかりはテスト週間という言い訳をさせていただきたい。学生の本文は命ある限り快楽を求めることだが、単位という留保が付されていることは誰もが承知であろう。ゴミオタク大学の学生もまた、単位の留保に悩まされているのである。

 

しかしながら、俺には単位以上に苦しまされている悩みの種がある。詰み本の山だ。試しに床に並べてみるとフリーマーケットが展開できそうである。以下の写真が俺が読みもしないまま家屋に放牧している本たちである。

 

f:id:soa_wing:20170725192423j:plain

 

本を消化する前に新たな本を買うという、計画性を敢えて度外視することで精錬された晴耕雨読の産物である。闇雲に書物を買いあさることは精神衛生上著しい効用があるように思う(読んでもいないのに読んだ気分になれる)が、山積する書物が我が6畳間の大部分を侵食し、生活に支障をきたし始めている。ええ加減読みなされ。本の神様もそう言っておられる。

というわけで、さっさと読んで読んだ分だけ軽くレビューしていこうと思う。結局このブログの目的は定まらないままということだろう。

 

記念すべき一冊目はこちら。

 

f:id:soa_wing:20170725192637j:plain

 

オイオイオイ、ラノベだわこいつ。などと侮ることなかれ。かくいう俺も、ライトノベルは中学時代に卒業し、かれこれ五年近く触れていない。それなのになぜラノベに着手したのかというと、ラノベとはいえ本は本だから』である。ラノベを毛嫌いする前にラノベを理解しろと、仙人と天狗と中年関西弁男性を足して割ったようなオタク友達に言われたこともある。四の五の言わずにレビューさせろや。

 

アニメ化もしたらしく、タイトルから漂うセカイ系の臭いとどことなく感じる哀愁に惹かれ購入した一冊である。俺は完全にこれが原作とばかり思っていたのだが、『終末何してますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』などという原作のスピンオフ作品らしい。オタク世界を厭世して無常なる大衆文化の荒波に流されて早5年。にわかオタクもどきと化した俺にそんな区別がつくわけもなかった。

内容はやはりセカイ系の物語である。突然発生した〈十七種の獣〉によって地上は滅ぼされ、人々は浮遊大陸群に避難した。あらゆる武力が通用しない〈獣〉は空まで登ってこれないからである。主人公は浮遊大陸群唯一の軍隊の四位武官であり、〈黄金妖精〉とかいうキナ臭い少女たちの面倒を見ることになる。みたいなあらすじだ。

 

最初の弁明として、この物語に異世界転生やハーレムや主人公最強要素はない。最近のラノベはこれらの要素がないと売れないのではないかと蚊帳の外から心配していたが、どうやら杞憂だったようだ。そして世界観が非常によくできている。前述した元ネタ作品の5年後の世界を描いたものであるからだろうか。俺が想像していたラノベのはるか上をいく作品に感じた。

作品を通してのテーマは『命の価値』みたいな感じだと思う。セカイ系作品にありがちなやつだ。主人公は大義を背負って処刑された義兄のことを根に持ってるし、〈黄金妖精〉とかいう種族(?)のヒロインたちは自然現象に近く生命体と呼んでよいのか不明な存在で、自らの命を擲つことで〈十七種の獣〉に唯一対抗できる〈遺跡兵装〉とやらを発動させることができるらしい。自らの存在意義に疑念を抱く少女たちと、命の軍事転用に葛藤を覚える主人公の心情描写で作品の世界に引きずり込まれる。ただ文章力は作家にやや劣る気もする。

 

特筆すべきは中二病患者を虜にする固有名詞及びその内容であろう。例を挙げると〈十七種の獣〉のうちの一体に〈重く留まる十一番目の獣〉というのがいる。ルビは「クロワイヤンス」である。元ネタを調べたが造語らしい。こいつは〈獣〉とは名ばかりで、あらゆる有機物やエネルギーを吸収して増幅する動く黒水晶である。物語の描写的にも意思があるようには思えない。こんな不思議設定のキャラクター(?)がてんこ盛りと思うと、中二病を持病認定された俺のようなゴミオタクは興奮がとまらないのである。(後から振り返ると、ギャルとビーチに行く今年の夏の方が興奮した)

そしてもう一つのアピールポイントは背景となる社会的構造である。まず種族が豊富である。人間種は〈獣〉によって滅ぼされたらしいが、堕鬼種だの鷹翼種だのやたら細かい。それとは別に、獣的特徴がない〈シルシナシ〉という隔世遺伝のような存在もあり、人間種に似てるからとほかの種族から忌避されている。ここに人種差別の背景が描かれている。(ただ物語にそんな関係ない気がする)

それから私利私欲のため〈十七種の獣〉を地上から回収した商業主義国家の存在や、浮遊大陸群に軍隊が一つしかないことを危険視する組織なんていうのが、主人公たちの行動の裏でじわりじわりと動いている描写がまた良い。あからさまに物語の転とするのではなく、伏線を散りばめるスタンスは僕は好きです(主観)

 

ざっとこんなところか。ラノベを堪能したので次は作家の本でも読みたいと思っているのだが、来るべきインターン面接のために堅苦しく分厚い本を読破する必要に迫られているのが現実である。

また何かを読み終えたらレビューをしようと思う。以上。