週刊文盲 オタク自省録

オタクのオタクによるオタクのためのブログ

健康で文化的な最低限度の生活

記事のタイトルをご覧いただきたい。憲法25条に明文されている生存権の内容である。法学徒でなくとも、どこかしらで目にしたことがあるフレーズのはずだ。俺は法学徒なのだから25条の言う健康で文化的な最低限度の生活を法的に分析すべきなのかもしれない。しかし、健康で文化的な最低限度の生活をおくること能わない人間に、健康で文化的な最低限度の生活が語れると思うか。俺はそうは思わないし、何より健康で文化的な最低限度の生活というフレーズをこの段落だけで4回も使用していることに歯がゆさを感じるので、これ以上健康で以下略について学術的分析を加えることは控えようと思う。読者のためである。

 

ところで読者諸賢の日々の生活は満足のいくものだろうか。俺は全く満足していない。不眠症に苛まれ朝日とともに無理やり寝つき、おやつの時間に絶望の起床を迎え、学生の本業たる大学での講義を悉く退け続けている典型的ゴミ大学生活。それが俺の毎日だった。この腐りきった生活を、あるいは根性を叩き直すため、俺は『健康で文化的な最低限度の生活』座右の銘とし、日々の生活改善コンサルティングを行うこととした。

『健康』とは即ち衰えることのないほど良い肉付きの身体を意味する。飲む食う寝るの三連コンボでは、決して強靭な肉体は出来上がらないだろう。健全な魂は健全な肉体に宿るのである。しかし経験上、程よい筋肉を身に着けた人間の方が淫らな性根をしているような気がするのだがそこのところどうなのだろうか。

『文化的』とは学術的活動を意味する。酒と女に溺れるゴブリンめいた中年男性に文化的魅力は無いだろう。俺はコーヒーショップの一席でシルクハットと杖を構えエロ本を読みふけるような初老になりたいと考える。また、女子高生を神聖不可侵なものとする名もなき宗教の教祖としても、来るべき女子高生との接触に備え、一目おかれるような知見と経験を備えなければならない。文化的という側面は、なくてはならない重要なファクターである。

『最低限度』とは最大限度を意味する。何を言っているのかわからないという読者はおそらく秋空の如き女心を微塵も理解していない愚者であろう。「もう連絡しないで」と言っておいて連絡を絶つと逆ギレしてくるのが大和撫子である。

 

座右の銘の定義を明らかにしたところで、実際にどのような行動でこれを実現すべきか考えてみた。その結果が以下である。

 

・一週間に3冊の読書

・一週間に3日のジム通い

・一週間に2本の映画鑑賞

・一週間に飲酒は一度まで

行政書士向けに商法を終わらせる

 

これが俺の最低限度(最大限度)かと思うと悲しくなるものがある。しかし現実は受け止めなければならない。七月から俺は生まれ変わるのだ。今までの俺とは一味も二味も違うということを知らしめてやる。親に見られても恥ずかしくない毎日を送るのだ!意気込んだ俺は七月第一週に突入した。

 

月曜日

一週間の始まりにふさわしい絶望の起床を迎えた。気づくと2限の民事訴訟法の授業は終わっており、3限以降の授業に出ようにも遅刻しかねない。俺は潔く安眠を選択した。そしてその日は家から一歩も出ず、その代償として超高速!参勤交代なる小説を読破した。

 

火曜日

3限の授業にギリギリ出席した。しかし授業後に図書館でしようとした商法の学習を図書館に踏み入るより先に断念し、そのままバイト先に向かい、月収20万を自慢する社員のもと、優秀で勤勉な労働力となった。帰宅後泥のように眠る。

 

水曜日

サークルの飲みがあるらしく、その時間に間に合わせるため5限労働法に敢えて出席しない英断を下した。8人ほどの少人数で行われた飲み会では日本酒一気飲みが断行され、酩酊千鳥足の百鬼夜行を成した。

 

木曜日

この日は授業がなくバイトのみである。バイト前にジムに通い、前日のアルコールでむくみ切った心身をリフレッシュしようと目論むも、ベッドと冷房の策略に嵌り無事断念。断続的な睡眠ののち月収20万に酷使され、松屋の牛丼を貪りまたベッドにダイブ。

 

金曜日

この日も授業なしバイトありの日程。いい加減ジムに通うべきなのだが残念ながら金曜日は定休日であるため運動はできない。せめて読書をと本棚を漁るも、それなりに膨大な本の山の整備に着手してしまい、気が付けば月収20万に呼び出される時間であった。帰宅後女児向けアニメの録画を視聴し、そのまま翌日の朝を迎えた。

 

土曜日

日の出とともに睡眠を開始し、バイト直前に起きるいつもの堕落具合である。一週間を振り返り、目標が何一つ達成されていないことに焦りを感じ、バイト先の麦酒樽を持ち上げるなどして筋トレを開始した。翌日に筋肉痛が訪れたためこの目論見は功を奏したと思われた。

 

日曜日

突発的に予告されるサークル飲み会。実質幹部の俺が参加しないというわけにもいかず、なんとか時間を創出してジムへ向かい、そのままおバカ大学生の宴へ。ピッチャー飲みをして店員に怒られたあたりまでは記憶している。その後のことはわからない。

 

掲げた目標を一つたりとも成し遂げることができずに七月第一週が終わりを告げた。『健康で文化的な最低限度の生活』侮ることなかれ。歴史的敗北を喫した俺は目標の再建を図るべきなのだろう。それゆえ、新たな七月の目標は以下のようになった。

 

・実現可能な目標を設定する

 

「進捗があれば報告します」酒を片手に氏はそう言ったという。