週刊文盲 オタク自省録

オタクのオタクによるオタクのためのブログ

反省会と今後の展望について

皆さんお久しぶりです。気づけば当分記事を書かないでいました。マイナンバー通知カードを何度も紛失し、ついには諦めるなどの自堕落な日々を満喫していたからといえばそうなんですが、一応の理由はなくはないのです。今日はそんな懺悔の記事をば。

 

突然だが当ブログ管理人(わし)下書き記事数をご存知だろうか。実に6つである。これらを二、三日おきに投稿していれば、一月に渡るオタク自省録暗黒時代は訪れなかったのである。しかし俺はそれをしなかった。何故か。答えは、どれも記事が最後まで完成していないのである。

面白いネタは日常生活のあちこちに転がりまわっていて、むしろ全てを拾い集めるのが難しいほどである。二兎を追う者は一兎をも得ずとの諺を無下にさせていただくと、二兎を逃したところで飛んで出たウサギが木の根っこで転ぶのである。まさに両手に兎。

そんな恵まれた記事ネタ環境におきながら、記事の終わりをうまく締めくくれない俺は無能の骨頂であると恥ずかしながら反省している。常に連続する日常の一部を切り取り、起承転結を描くのは意外と難しい。なにせ、ネタ元である日常は決して結ばれずに次の起へ向かうのだから大変だ。このあたりに己の文章構成力の限界を垣間見た一ヶ月であった。

 

しかし文章を書くこと自体は嫌いではない。というか、俺が詭弁を弄することと駄文を連ねることをやめると、今まで必死の体で作出してきた文化人俺としてのハリボテが消え去り、三大欲求に誰よりも誠実な猿ということが露呈してしまう。知性ある人類としての矜持を保つべく、また『健康で文化的な最低限度の生活』という座右の銘を実現すべく、俺は一見無価値でその実無価値な文章を生産し続けなくてはならない。

そんな思いで俺が提案するのは、ブログの週刊化である。要は、一週間に一個くらい記事かけるやろ。というか、書け。ということである。これは我ながら素晴らしすぎる妙策で、たとえ俺が記事を書き渋り三日四日更新を途絶えさせたとしても、七日以内に一つ記事を書けば連載は継続するのである(これを三日坊主の無効化』という)。

 

以上が反省である。そんなこんなで『オタク自省録』改め『週刊文盲』をよろしくお願いします。

 

そしてここからが本日のもう一つのお題。というか、文豪復帰祝のプチコラムである。

 

読者諸賢は株取引をしたことがあるだろうか。俺は年齢的束縛もあり、未だシミュレーションでしかしたことがないのだが、それも数か月前に飽きてしまった。iPhoneのアプリ整理をしていたある日のこと。俺は株シミュレーションアプリを見つけ、なんとなく開いてみた。結論から言う。知らん間に100万の利益ができていた。

 

これは任天堂株の高騰によるもので、任天堂switch発表時に25000円ほどに暴落した任天堂株が最近になり35000ほどに急成長したためである。資本金1000万における100万の利益である。俺がもし証券口座を開いていたら、そして任天堂株を買収していたら、今頃数万の利益がでていたのではないか。ここにおいて俺は天啓を得た。すなわち、俺は株取引の天才であると。

経済を制するものは世界を制する。それは歴史が証明してきた。株式投資において類まれな才覚を発揮し、日本経済を、ひいては世界経済をリードしていくことこそ、神が俺に与えた天命であると知った。経済学上、景気には循環する波があるというが、クズネッツの波こそ我が人生に他ならない。20年の時を経て今まさに最高潮に至らんとする俺の運気をここに知らしめねばならん。

世界を震撼させるほどの資金を得たとして、一体何をしたいのかと疑問に思う方もいるだろう。無論、札束を片手に酒池肉林を体現するなどという下劣な欲望を抱いているわけではない。お忘れの方も多いと思われるが、俺は女子高生を神聖視する名もない新興宗教の開祖である。よって、俺の行為の全ては女子高生のためをもって行われる手段にすぎない。有り余る資本を元手にパンケーキをもてなすことこそ、我が教義に即している(ここにおいて、客体となる女子高生の知り合いがいないという点が俺の論理的思考力の限界である)。

俺が世界中の女子高生にパンケーキを奢り歩く。それも最高品質の高級パンケーキを、日に数億枚。突如として始まった経済変動とパンケーキブームに世界はどよめく。そしていつの日か、聡明な女子高生に、世界を動かしているのは貴方ではないかと尋ねられ、俺は答えるのだ。「僕はただの女子高生好きなおじさんです」と。

 

妄想は熟した。熟しすぎた。輝かしく崇高な未来を実現するため、いざ証券口座開設へ!俺は証券会社の門扉を開いた。

 

「すみません。口座開設のためには個人番号カードが必要ですので開くことができません」

 

「あっ、はい」

 

かくして稀代の天才投資家俺は、世界経済を席巻することなくダスマンの海に沈んで、いや、帰っていったのであった。