週刊文盲 オタク自省録

オタクのオタクによるオタクのためのブログ

オタクのガールズバー入門 1

旅行を思い立つのはいつも唐突である。何か日常に飽きた、毎日に変化を与えたい、などという高尚な理由にあやかって遠方の友人と騒ぎ倒すために高速移動手段を用いるといったことを四半期に一度は実行の予備に至っていると思う。そしてその目的地は必然と関西になるのもまた俺の中で慣習となっている。
今回の旅行では五日間ほど関西に滞在することとし、そのちょうど中日あたりに知り合いの居酒屋店長さんとアマの夜を堪能しようという話になっていた。アマというのは兵庫県尼崎市を指し、それ即ち現代日本が抱える由緒正しいスラム街である。その市外局番が大阪のそれであることから大阪府尼崎市と勘違いされることが多いが、尼崎は神戸の一角を成す優美な街だ。聞くところによるとアーケード街には浮浪者が溜まり、小学生の中に金髪がチラホラと見え、パチンコ屋前ではタバコの吸殻を拾い上げ残留したニコチンを吸い上げる老婆が佇むという。循環型社会の構築にご敬老が率先して取り組むとはやはり素晴らしい街だと思った。

 

さて、時は夜の12時を回った。俺は例の居酒屋店長、名前を「ニャン吉」の車で、我々と志を同じくする武士の元へと向かっていた。かの武人は「うめちゃん」といい、ニャン吉とうめちゃんは、俺がFF14の中で出会い現実でも付き合いを持った数少ない友人だ。
ニャン吉は、優しげな顔をした高身長イケメン。酒に精通してて、大人の男の魅力溢れるイケメンって感じ。うめちゃんはのび太みたいな感じ(雑)。俺たちはうめちゃんのことを「愛すべきバカ」って呼んでたりする。
うめちゃんを拾い、そのまま徒歩でニャン吉の行きつけ(3回目)のガールズバーに。FF14内で、8人に満たないパーティのことを「Right Party」と呼ぶことから、今宵は「Night Party」やな!なんて言いながらバーの門扉を開けた。

 

「いらっしゃいませ〜!」

 

御主人様と言われなかったあたりがメイド喫茶と違うところだと思う。かれこれ何かと理由をつけてメイド喫茶を渡り歩いてきたものだから、店の女の子に媚びられる時は御主人様であることに慣れてしまっていた。そんな慣れは金輪際不要なのは確実なので、早速捨て去ることとする。
バーの内装はカウンター越しに女の子が3人立っており、席は10ほど。俺たちはニャン吉、うめちゃん、俺の順に奥のカウンターに座った。カウンターの曲線部分に俺が座したのは言うまでもなくコーナーで差をつけるため。オタクの秘めたる力を最大限に発揮するポジションでガールズバー攻略に挑んだ。

やたらと高い椅子に座るのに苦労しながらなんとかこの異空間で己の身体を固定し、ファーストドリンクを注文する。
ニャン吉「とりあえず生で」
うめちゃん「じゃあ同じで」
俺「俺はジントニックで」
一方の女の子がお酒を作り、他方が俺たちの話し相手をしてくれた。ルナちゃんとかいったかな、めちゃんこ可愛い子が話し相手で正直びびった。飲み放題1時間4000円でこんな美人が出てくるんかと。しかも服装がまぁエロい。真っ白でピッチピチの半袖ジャケットみたいなのと、太ももの9割が露見したタイトスカートしか着てない。かがんだら普通にブラ見えるがな。これ大丈夫なん?ってブラをガン見してた。
俺が東京から来たこと、最近成人を果たしたことなどなど、初対面ながら話題には困らなかったのでルナちゃんと楽しく話していたらドリンクが3杯やってきた。

 

ニャン吉「まま、ルナちゃんらも飲んで。ええからええから、みんなで楽しく飲もうや」
ルナ「私達も飲んでええん〜?」
ニャン吉「いや、もうそういうの、聞かんでええってw」

 

なるほど、ガールズバーってのは女の子にもお酒を飲んでもらうところらしい。よく考えなくてもそりゃそうだ。野郎だけで飲み潰れても楽しいことは何もない。彼女らは飲み放題メニューにないオペレーターを手にとっていた。なるほどなるほど。彼女らのお酒は俺たちが払うのか。まぁこれも当然やな。今日は金を溶かすつもりで来た。

 

「それじゃ、乾杯〜!!」

 

こうして俺の初めてのガールズバーは始まった。