読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク自省録

与えられたお題に答えたり、オタクのために率先して新境地を開拓した結果を報告したりするブログ。

【コラム】ナメクジでもわかる『超人哲学』

その他

ナメクジでもわかる「神は死んだ」の続き。

 

「そんなもん、お前が強くなればええんや。強く……強くなりてぇ……ッ!!ってな」

弱者たるオタクにニーチェはそう言い放ちました。でもニーチェが生きていた当時(19世紀後半)にオタクはそんなおらんかったので、ニーチェは心の支えとなった価値観、すなわち宗教を疑い始めた人々に言ったわけ。

ニーチェ「そんなに金持ちが憎いか!そんなに権力者が憎いかお前ら!!」

人々「俺たちを虐げてきたあいつらが憎くて何が悪い!!俺たちは精神的勝利の中に日々を生きる希望を見出してんだよ!!

ニーチェ「でもお前ら、今ならだれでも金持ちになれる可能性あるで。なんなら権力者になれるかもしれんし、いつまでも耐え忍んでんのしんどくない?」

人々「まあ確かに……」

ニーチェ「ええか、神はもうおらん。お前らがキリストの代わりに信じるのは己の『意思』……『力への意思』や……ッ!!

人々「おぉ……(どよめき)」

ニーチェ「ええか!!信じられるのは向上心を持つ自分自身だけや!!俺たちみんなが『超人』になって、日々を邁進するんやあああああ!!!!

人々「オオオオオオオオ!!!!

 

ってなったかというとそうでもなく、生前のニーチェは学界からも狂言師扱いされて、評価され始めたのは最近のことらしい。だってね、いくら産業革命始まったとはいえキリスト教圏で「神は死んだ」なんて言ってたらそりゃ敵だらけになるわ。俺だって「お前らの嫁は実在せんで」なんて言われたらうるせえええええええええ!!!!んなことわかっとんじゃあああああ!!!!俺に彼女ができても娘ができてもシエスタ俺の嫁じゃあああああああああ!!!!!!

 

というわけでニーチェは向上心を心の拠り所にしようぜって提案したわけだ。『超人』ってのは、力を得ようとする『力への意思』を持つ人のこと。これだけ聞くとなんか意識高い系が量産されそうだけど、無気力に何をするわけでもなく日々を過ごすよりは生産的じゃね?って話。ニーチェが生きた時代は急激な経済成長が起きてたから、意識高い系といわず、本当に意識高い成功者がわんさかいたのかもわからんね。

なんでニーチェがこんなに意識高くしようぜって説いたのかというと、『神が死んだ世界』で人々がどうなるのかということまで考えたかららしい。「神が死んだ」、つまり、何を信じていいのかわからない世界で、人々は絶対的な価値観、模範的な生き方を失い、日々を無気力に生きるようになってしまう。このような人のことをニーチェは週末に生きる人、『末人』と名付けた。『末人』だらけの世界では人々は生き方を失い、幸せを失い、そして国は生産力を失う。そんな未来を予測し、警鐘を鳴らしていたわけだ。

 

ということで日本の現代社会を顧みてみよう。社会問題になってる人たちがいますねぇ。ニートワーキングプア?夢のない若者?これってさ、『末人』じゃね?おいおいおい、百年も前のドイツ人に馬鹿にされてるよ俺たち。確かに景気は悪いし当時とは環境が違いすぎるけども、ここまで言い当てられちゃ一本取られた感が否めない。お見事ですなニーチェさん。というのがニーチェの評価です。いやほんますごいと思う。

 

さてさてお待ちかね(蛇足)哲学をオタクに当てはめてみようのコーナーです。このコーナーでは、現実の自分を客観的にとらえることができない、あるいはしようとしないタイプの『オタク』を取り扱って参ります。全てのオタクを批判しているわけではないので悪しからず。

とりあえず広くオタク全般に対してニーチェの哲学は当てはまると思うんですよ。昔の自分が誰よりも篤く二次元を崇拝していた『妄信的オタク』であっただけ余計に。『超人哲学』を読んでるときにホンマ心が痛かった。『ルサンチマン』てあんた、これ中高時代の俺やん(笑)って。

ただ一般にオタクが信仰するもの(二次元とか)に対して、その信仰心が揺らぐ共通のタイミングってのは無いと思うんです。高校生になったらみんな急にオタクを捨てるとかないでしょ。だからオタク以外の分野から啓蒙を受けたその時点で「神は死んだ」ことになり『超人』になるか『ルサンチマン』に溢れるかの分岐点に立たされると思うんだわ。

ただ実際に『ルサンチマン』を持ち続ける人は少ないと思う。「神は死んだ」と気づいた人は、ほかのあらゆる分野に寛容になることが多く、そこから例えば社会的地位向上のため自分磨きをし始める人もいれば、そういった選択があったと知りつつも静かにオタクを続ける人もいる。ただ一つ言えるのは、こうなった人たちは『イキり』をしなくなることですかね。『厄介オタク』みたいなのは、まだ他分野からの啓蒙を受けてない人のように感じる。実際どうなのかは、俺よりディープなオタクに聞かないとわからないけど。

 

で、わざわざニーチェの紹介までして何を論じ上げたいんやお前はって感じだろうけど、特に何か述べ上げることはないよ(適当)ただオタクからウェイに転向した身として、これオタクに当てはまるなぁと思っただけです。勿論ウェイ化が唯一の正解とも思っちゃいないけど、その転換点では確かに「神が死んだ」んだろうなぁと。

 

まあでも中二病オタクに対して「お前の神は死んだか」なんて問いかけてみてニーチェを教えてあげるのはいいかもしれんね。多分何も伝わらない気がするけど。