読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク自省録

オタクのオタクによるオタクのためのブログ

俺氏、女子校教員にいきり立つ

「決めた。俺は女子校教員になる」

思い立ったが吉日、俺は女子校教員としていきり立った。というか、はじめからこの道を選ぶべきだった。女子高生とお近づきになりたいその一心で半生を過ごしてきたものの、同時にこの欲望を表に出すと行政指導という名の実質的魔女裁判にかけられることは免れ得ないと察していた。その為、己に正直になれという父の教えに背き、婉曲に回り道を重ね、目が回るほど迂回をした挙句にこの結論に至ったのであった。

 

「教員?それじゃ私と同じ道じゃね」

 

一家の大黒柱を差し置いて実家に独裁政治を敷く母親に、俺は怯えることなく抗弁する。

 

「俺は偏差値45前後の女子校で世界史を教える。そして星の数ほどの教え子たちと懇ろになるんだ」

 

女子高生を飼いたい。それが成人を果たした俺の夢だったように思えた。

しかしそれは究極目的ではなく、目的達成の手段だったということに、俺は今更ながらに気づいてしまった。まことに赤面の至りであり、人生最大の汚点であり、そして具の骨頂である。俺の人生をかけた最終到達地点。それは、女子高生の日々を支えたいという実にささやかで慎ましいものだったのだ。

 

「何がささやかで慎ましいんよ。あんた女子高生ナメちょるじゃろ?

 

長らく片田舎の一家庭の政を司ってきた暴君が俺に侮蔑の眼差しを送る。しかし俺はもう屈しない。革命権を行使し、首都東京へ戦略的撤退を実行し得た俺ならば、必ずやこの邪智暴虐の女王を、あくまで論理的に討ち取ることができるはず。反逆の嚆矢は俺の口から放たれるのだ。

 

「女子高生をナメちょるのはオカンやろ。オカンは女子高生の何もわかってない。第一に、女性に女子高生の何がわかるっての」

「お母さんだって昔は女子高生じゃったからわかるいね」

嘘をつくな!女子高生がこんな手弱女振りの欠片も見いだせないオバハンになるわけないだろ!

「女は最後はみんなこうなるの!私の卒業アルバム見る!?」

「偽造写真に証拠能力は認められない。ここは家庭”内”裁判所だ。俺の法定に立ち入っておいて訴訟要件すら備えないとは何事か!却下だ却下!

 

大学で至らぬ知識ばかり獲得し、似非法学の祖を自称するに至った俺に論理の欠缺はない。オカンは「何をわけのわからんことを」と憤りを隠せない様子で、畑仕事をしている父親を無意味に睨みつけた。お茶の間の喧騒にただならぬ雰囲気を感じ、口頭弁論を盗み見していた父親は怯えるように畑に逃げ込んだ。

 

「じゃあもうお母さんのことはいいよ。でも女子高生がアンタに靡くわけがないーね。女心はアンタには絶対にわからんけぇね」

パンケーキとカフェラテこそが女心と心得てる」

お母さんの時代にはそんなものなかったけど?

「時代は常に先を進んでいる。トレンドさえ掴めば女子高生の心は掌に巡らすが如しだ!」

「小難しい言葉はよう知っちょるけど、慕われる教員になる方法は知らんのやね」

 

 

オカンは得意気に鼻を鳴らす。しかし、オカンの言葉は馬耳東風に聞き流すに限る。なぜならオカンは女子高生と30以上歳の離れた『女性』だからだ。『女の子』と『女性』は精神構造が全く異なる。平和で牧歌的な一般家庭にパターナリズムの圧政を強いるのが『女性』であり、俺というちっぽけな人間に明日を生きる希望を与えてくれるのが『女の子』なのだ。

 

「生徒から慕われるためにはまず先生たちに馴染まんといけんよ。それに下心は見え透けるからアンタは絶対無理。それから教員免許を取るには教職課程をやらんといけんよ」

「もちろん俺だって無謀にも女子校教員になろうなどと思ったわけではないよ。先生方と馴染むのは簡単。俺は干支2周くらい年上にえらいモテる。そして下心なんて必要ない。熱い思いをストレートに伝える熱血教員になるんだ俺は。教職課程はオカン助けて

 

無意識のうちに吐き出した本音を、オカンは見逃さない。

 

 

「結局お母さんに頼るんじゃん」

 

俺の一生を賭けた家庭内クーデター『家庭内裁判』の口頭弁論において、決してみせてはならぬ弱みがそこに露呈した。そしてこれがいけなかった。オカンに助けを求めるその行為の背後には、オカンに屈し従属する意思表示が黙示されている。そしてそれはオカンも当然知り得るところであり、彼女の態度は途端に大きく膨れ上がった。

 

「ご飯にするよ。お父さん呼んできて」

家庭内に、オカン幕府が復権しようとしている。家長制度の存在がまるでなかったかのような男女参画社会がそこにはあった。のっそりと畑から顔を出す父親には、大政奉還への一縷の望みすら見えず、女王絶対服従の平身低頭ぶりが伺える。あるいは俺は、そもそも傾国の兆しすら醸すことができていなかったのかもしれない。精神的挫折を自覚した俺は敗訴を確信した。

 

その後、カレーライスを囲んだ極東国際軍事裁判もとい一家団欒の時間において、俺のささいな夢は不必要なまでに糾弾され、回復不能な損害を被ることとなった。我が実家の治外法権下に男性の人権保障は未だ訪れない。悟りきった俺は父親ひとりを片田舎に残し、革命軍駐屯基地東京へと脱兎のごとく逃げ出したのであった。

ホスト狂いの素質

先日俺の友人である可愛い淫乱クソビッチ女子大生がホストにハマったとの報告を受けた。彼女ほど可愛い(といってもドチャクソ可愛いわけでもないけど世間一般的には可愛いと思う)女性がどうして俺より不細工な男に貢がねばならんのか。まこと不条理の極みである。という旨を本人に伝えたら「テメェよりはホストに貢いだほうがマシと思って私も金使ってんだよ」との返事が帰ってきた。ゴミオタクは生き辛い。

 

ホストやキャバクラ、あるいは風俗といった夜の仕事は、極端に言えば「性を売る仕事」ということになる。その客層は実に様々で、20代の若者から敬老の日に尊重の対象となるご老人まで様々な人が出入りする。が、その主な収益源、ホストキャバクラ側から見ると『太客』に相当する層は大きく分けて2つに絞られ、第一に『同業者』、第二に『金持ち』となる。

金持ちについてはあれこれ言わんでもまあ分かるだろうから、同業者に関して少し書く。同業者、すなわち夜の仕事をしている人が太客とはどういうことを意味するのか。年齢で言えば20代〜30代前半の支払い能力に乏しいであろう人々が、同じような歳の、クジャクの如く着飾った何かを目前にしてなぜ大金を投げ入れるのか。という疑問が当然発生する。

 

今回はホストに着眼して話を進める。というのも、俺の友人がホストに捕まったという事実が腹立たしくてならんのと、ホストなら俺も多少なりとも知識があるから。ホストとキャバクラの大きな違いは、ホストは若年層からも収益を得ることができるということだと思う。その分、キャバクラはホストより羽振りが良い客を、ホストの数倍惹き寄せているんだけども。

『風俗堕ち』という言葉を耳にしたことはないか。俺はこの単語をエロ同人誌より先にホストの口から聞き入れた。ホストの主な収入源はこの風俗堕ちの再現といっても過言ではない。つまり、若い女を捕まえ、徐々に支払額をエスカレートさせていき、支払いの限度が来たら風俗店勤務を勧め、そこで稼いだ金を貢がせるという世も末の金融を行うわけだ。俺はこれを初めて聞いたとき、便秘持ちにも関わらずその恐ろしさに脱糞しかけた。

 

なんと非道な!と言いたくなる部分もあるが、ホストも商売ですから、非人道的(言うほどでもない)ではあるけど合法な手段だから、一概に悪いとは言えないのもまた事実。しかしこんな手段にひっかかる女のほうが解せない。キャバクラのことはよく知らんけども、皆さん知っての通り、ホストの7割はブサイクである。そのブサイクが少女漫画に出てきそうなキッツイ気障なセリフを吐いて女を虜にしているのが現状。俺たち男からすると、そんな野球部の靴下より臭いセリフのどこがいいんだと憤りたくなるが、俺達だって二次元の女の子が現実では到底言われないであろうセリフを吐いている姿に何かしらの刺激を受けているわけだから、人のことは言えない。何が「中に出して!」だ。

そう考えてみると、俺たちオタクはホスト狂いをひとえに批判できる立場にないことがわかってくる。俺だって巨乳ギャルにベタベタされながら言い寄られたらロジャーグラードロゼの一本や二本あけてしまいたい衝動に駆られる。たとえギャルの容姿が褒めるに値しないものであっても、Xvideosの『ギャル』タグの動画にハズレがないが如く、酒と勢いで金を差し出すのかもしれない(このあたりの文章は論理性に欠缺がある)

 

でもね、ホストにハマる人ってすぐにわかるんですよ。自己顕示欲が強いか、寂しがり屋か、ビッチか、まあそこら辺の人なんです。ホストは店では客に媚びるように振る舞うけども、店の外、つまり金が発生しないところでは何もしない。アフターとか客を切らないための連絡はするけど、基本的に恋人ごっこをするのは店の中だけ。とすると、上記のタイプの女性はどう思うか。「もう一度あの甘い言葉が聞きたい」らしい。これはいろんなホスト狂いから聞いた、母集団の少なさに定評のある俺的統計結果である。

そういえば有名なホストのジンクスみたいなものがあって、女性から「やっぱり本気じゃないんだ」って言われたとき、できるホストは「”今は”ね」とだけ言って店に連れて行くらしい。これには一本取られたと感じざるを得ない。ホストに大喜利やらせたらお上手なのではなかろうか。

 

というわけで俺も例のホスト狂いとなった友達に赤福より甘ったるい言葉なら俺らが言ったるからさ」と酒を飲みながら伝えてみた。

「いやお前らに言われてもキモいだけだし」

「”今は”ね」

「キモ」

ゴミオタクは生き辛い。 

オタクのドスケベコスプレイヤー即売会入門

オタク諸君にとっては馴染み深いワードであろうコスプレイヤー』。その中の一部のジャンルに『ドスケベコスプレイヤーというものがある(俺が勝手に言いだしただけ)。恥部以外の布面積を極限まで削減することに血道を上げるコスプレイヤーの総称で、中にはアダルト部門ということで恥部すらも露出させた写真集を作り上げている方々もおはしますという。

ある日、友人のオタクが「即売会行かん?」と、とあるコスプレイヤー即売会のカタログをもってきた。チラ見すると、これはどこからどうみても半ばエロ本である。実にけしからんものをもってきたものだと俺は呆れ返り、その後の講義室で熟読玩味した。

 

気がつけば俺は馬喰町に降り立っていた。そう、件のドスケベコスプレイヤー即売会に参列する心積もりである。友人のオタク(これは他言無用だが、彼はEDを患っているとのことなので以降EDと称する)の影に隠れながら、おそるおそる会場へ向かう。駅の構内で既にヤバそうな雰囲気は感じていたが、多分この直感はあっているとED君も言っている。喪女っぽい女性や、ハゲ散らかした男性などが俺たちと同じ進行方向に足を進めている。そういうことだろう。

会場には開場30分前に到着した。はずなのだが、既に長蛇の列を成している。そしてそれを構成するは夥しい数のオタク。その9割は40〜50歳と思しき男性で、残りの1割が女性や若人であった。しかしそのオタクの風貌たるや、筆舌に尽くしがたいものがある。俺の想像の遥か上を之く重篤なオタクたちが見事な団体行動をみせていた。あれは四列縦隊だった。

 

これだけの生理的嫌悪感を持つオタクたちがインターネット上で蠢いていると思うと、俺が根城としているTwitterその他ネット界隈が突然気色の悪い蟲の巣に変容した気分である。嫌悪感はその外見のみならず、「去年はこんなじゃなかった」「ちゃんとやれよ」とスタッフに理不尽の暴力を浴びせるオタクや、ちょうど隣が開場となっていた結婚式場から苦情が入り、警察による行政指導を受けるオタクの言動にも及ぶ。想像を絶するキモオタクを前に「でも俺らも同じ穴の狢なんだよな」と同族嫌悪を禁じ得ない。オタクとは罪深い生き物である。

 

そうこうしているうちに開場となり、4階にも及ぶ大イベントが始まった。文句ばかり言っていても仕方がない。郷に入れば郷に従え。自らの足でここに来たのだから、俺もまたキモオタクとして振る舞う意思を見せねばならぬ。気持ちを切り替え、俺達は入場した。

コスプレイヤー即売会。まず特筆すべきはその異様な臭気であろう。空調を回しているはずなのに外気の数倍蒸し暑い。そしてアクティブな男オタクから発生するオタク特有の腐臭もまた一段とキツい。マスクをしてくればよかったと後悔した。そして何より人の数。どこに進もうにも肉の壁が邪魔をして進退叶わない。しかしそれはこの会場にいる誰もが思っているようで、密度が高いブースではオタクがオタクにより雁字搦めとなっていた。

いよいよ読者諸賢が最も気になっているであろう、ドスケベコスプレイヤーその人の描写に入る。Twitterに流れてくるあの画像は虚実がほとんどと言わざるをえない。コスプレイヤー本人と、彼女らの手に持たれた写真集の表紙と、そこに同一性が凡そ一つも感じられない。とはいえ、やはり大きなイベントということもあり、同一性が認められる方々も多々おられるが、何より感じたのは、コスプレはカメラを通した世界の中の作品なんだな、ということだった。その点彼女らの自らを理想像に近づける努力は目をみはるものがあったような気もする。

そうはいっても、大した手入れもなしに肌を露出させる彼女らには女性としての自覚はないのかと勝手に憤ったりした。それは衣装なのか下着なのか、あるいは衣装かつ下着なのかわからない謎めいた衣服を着ている方が多々おられたが、皆ケツがだらしない。ケツを晒すのであれば、垂れ下がって締まりのないケツに多少の筋肉をつけてからにしていただきたい。俺のケツのほうがケツとしてのランクは上だと思う。

 

なお、オタクの中にはカメラ小僧、通称カメコというクラスタがおり、彼らの被写体に対する情熱は尋常ではない。列を成す撮影会。その最前列でドスケベ衣装に身を包まれた、あるいはほとんど包まれていないコスプレイヤーに渾身の思いでカメラを向ける彼らの姿には嫌悪感を通り越した畏怖を感じてしまう。彼らもまたアーティストでありクリエイターということか。

カメコが一箇所に群がり、餌を貪る小動物のようにシャッターを切る姿を目の当たりに、「この光景を撮りたいなぁ」なんて呟いたら、スタッフの方に「それはダメですよ」オタク特有の早口で言われた。ちなみにオタクに小動物的愛らしさはないので、小動物のように、という比喩は間違っているかもしれない。

 

結局俺達はプロオタクの方々に圧倒されつつ開場を何度か順繰りし、最終的に某ドスケベコスプレイヤーさんのブースで「暑いですねぇ」みたいな世間話をして帰った。世間話をしてくれたレイヤーさんは俺達に「頑張ってくださいね」とエールを送ってくれたが、頑張るのは俺達ではなく彼女の方だと思った。あるいは、即売会ガチ勢は本当に血肉を捧げる思いでここに来ているのだから、頑張っての対象になるのだろうか。

改めて開場を眺めてみると、ブースに来てくれたオタクに対して、屈託のない笑顔を振りまき、感謝や励ましの言葉を投げかけ続けるドスケベコスプレイヤーの姿が目に留まる。なるほど、と、俺は何かが腑に落ちたような感触を得た。それはおそらく今後の人生で前向きに作用する何かではないと思われるが、ある種の経験として俺の中にまたひとつ不純物が堆積したように思えた。

 

「ねえEDくん」

「何」

「ドスケベコスプレイヤーは偉いなぁ」

「それはそう」

 

そんな感じで、俺のドスケベコスプレイヤー即売会の思い出は締めくくられた。