オタク自省録

オタクのオタクによるオタクのためのブログ

ブログTOP用案内板

オタク自省録へようこそ。

ここは東京某所に潜む気持ちの悪いオタクが、自分の脳内で情報を整理するだけの能力がないために、駄文としてインターネットの掃き溜めに文章を投下する場所である。Twitterが公衆便所であれば、当ブログは筆者専用おまる付き洋式便器である。排泄物同様の文字列に何ら文化的価値はなく、当ブログの記事を読むことは皆さまの貴重な生涯の浪費であることをここに警告しておく。

 

 

以下、当ブログのカテゴリーについて説明をしておく。

 

・いきり立ちシリーズ

筆者の妄想の産物である。ある程度の定型文をもとにした文章練習及び筆者の犯罪可能性抑圧を目的としたコーナーである。更新頻度は少ない。

 

・しょうもない近状

読んで字のごとく。ゴミオタクたる筆者の生活は「クソして寝る」に貫徹している。「健康で文化的な最低限度の生活」を座右の銘として掲げている筆者であるが、それがいかに荒唐無稽で無謀な試みであるかということを、このカテゴリーの記事をから読み取れる。読み取らなくてよろしい。

 

・その他

いずれ消えそうなカテゴリーである。こうして説明を加えるまで、当該カテゴリーの存在を忘却していたことがその短命を証明する。しかし筆者は無精者なので、「カテゴリーを消す」という行為が行われる可能性は低い。

 

・インチキ法学

ゴミオタク大学ゴミオタク学部ゴミオタク学科に通う筆者が、ほぼ聞き流すかそもそも出席しない法律の授業で得た有益な知識をひけらかす場である。なお前述の通り、筆者の毎日に何ら文化的要素はないので、当該カテゴリーが更新されることは極稀である。

 

・オタクのためのシリーズ

オタクである筆者が、オタクが経験したことがないであろう分野に突撃取材し、そのレポートを記述しオタク諸君の後学のために役立てようとするコーナーである。筆者が新天地のパイオニアとなることはなく、その10割は失敗に終わる。つまり役に立たない。

 

・世界史まとめ

大学受験時代に筆者が世界史のまとめ記事を書いていたのを偶然one driveから発掘してしまったので記念に掲載しているカテゴリー。当ブログの中で最も価値のあるカテゴリーであり、現在の筆者にはない深い知見をもって文章が構築されていることからオーパーツと呼ばれている。

 

・読書記録

「健康で文化的な最低限度の生活」を標榜する筆者が、その実現に向けて一応の努力を行っていることを証明するために設けられた言い訳の場である。筆者は文盲であるため、ムヅカチイ本は決して読まない。

オタク、初々しさを思い出す

はじめに、この記事は自己啓発であり他者啓発ではない。

 

デュラララを読みたい。オタクは唐突に思い立った。なぜそれを思ったのかは正直なところよくわからないが、バイト先の底辺居酒屋で女子大生らしき団体客の姦しい笑い声を聞きながらふと頭に浮かんだことは確かである。

そも読者諸賢はデュラララ!!という作品をご存じだろうか。2004年に第一巻が出版され、2014年に完結した全13巻のライトノベルであり、アニメ版は1期2期含め全5クールの長編となっている。物語は東京都池袋を中心とした群像劇となっており、田舎から池袋の高校へ転校してきた平凡な高校生である主人公が、池袋に住まう奇々怪々な人物たちと関わり、非日常の世界へと足を踏み入れていくといったものである。ネット上のチャットルームが物語の軸として登場するのだが、ガラパゴス携帯時代である2004年からスマホが主流となった2014年まで連載を続けた著者の手腕には感嘆せざるを得ない。

 

それはともかく。重要なのは、この物語が群像劇ということである。登場人物の多さとそれに勝るとも劣らない人物の深掘りは、著者成田良悟の代名詞ともいえる固有の作風である。多種多様の登場人物すべてにドラマがあり、それぞれの事象が諸所の時系列において複雑に絡み合い、一つの大事件の全貌となる

筆者がデュラララを初めて拝読したのは、中学2年生の頃であった。一巻を読み終わり、感じたのは東京という大都市への強い憧憬である。田舎の狭いコミュニティに住み、面白くもない毎日を過ごしていた筆者にとってのデュラララは啓蒙思想のそれであり、都会への憧れは高校時代にも引き続き抱き続けた。

そんな筆者が上京し、渋谷スクランブル交差点に降り立った時の衝撃は今も忘れられない。終わりの見えない人の群れ、轟きに似た雑踏、互いに無関心に蠢く老若男女。この交差点にいる有象無象のすべてに全く異なった来歴があり、全く異なった目的をもって、全く異なった人生を生きていると考えただけで、どこか遠い国に来てしまったかのような錯覚を覚えた。足元が歪んだような、不思議な浮遊感と高揚感を経験したことを記憶している。東京は筆者にとって『非日常』であり、刺激に溢れた新天地であった。

 

そんな初々しい思い出から早3年。東京という街が『日常』になるのにそう時間はかからなかった。もはや渋谷に赴くのに何の高揚感も覚えず、むしろ渋谷に佇むハイカラな若人に怯え、勝手に疎外感を感じている。これはある種必然の道理である。ある者にとっての『非日常』とは未体験の空間を指し、ある程度その空間の経験を経てしまえばそれは『日常』へと変遷していく。今の筆者にとってはむしろ、かつて『日常』であったクソ田舎の誰もいない駅のホームが『非日常』である。正直ふらっと立ち寄ってみたい。

要は気持ちの持ちようである。デュラララを読みたいという謎の動機から、東京に非日常を感じていたころのことを思い出し、いつもの通勤経路をそれとなく観察してみた。居酒屋で顔を赤くして高笑いする中年。駅前で狂ったようにヒップホップする若者。駐車場の隅で通話する女。路地裏を徘徊する野良猫。空港行きのバスを待つ老人。これらすべてに別々のストーリーがあり、別々の人生を歩んでいると考えると、バイトの帰り道が少しだけ楽しみになった。

 

最後に、この記事は自己啓発であり他者啓発ではない。

読書記録 オーダーメイド殺人クラブ

筆者は男である。故に女が好きである。

この自明の公理から導き出せることは、筆者は女のためならなんでもする、ということである。例えばおススメされた本を拝読するとか。

そんな不純かつ色欲的動機から手に取った一冊が本日紹介する本、『オーダーメイド殺人クラブ』である。

f:id:soa_wing:20180316015832j:plain

主人公であるアンは、所謂リア充であり、スクールカーストの上位層に位置する女子中学生である。しかし実は誰にも言えず自分の中に抑え込んでいる猟奇的趣向があり、それを隠しながら、毎日のように敵味方がすり替わる女子中学生を演じている。ある日アンは、所謂陰キャカースト最底辺の徳川という少年が、彼女と同等以上の猟奇性を持つことを見つけ、彼に彼女自身の殺人計画を依頼する。

 

この作品の褒めるべきところは、物語の始まりが主人公アンのクラス内疎外から始まるところである。中高生にありがちな、カースト最上位の機嫌によって唐突にハブられ、都落ちするあの現象だ。物語のなかで、カースト上位の3人の立ち位置が何度も異なったかたちで入れ替わる。しかし数ある教室内社会関係の中で、冒頭に主人公が最下層へ落とされるシーンを選ぶところが上手い。一気に女子中学生的ヒエラルキーの中へ読者を没入させる。

それから、主要人物の一人、猟奇的陰キャである徳川の描かれ方も興味深かった。この物語は一貫してアンの視点で描かれていくが、そこから見える徳川の素性は、生物を殺めるのが好きで、男女の関係や学校生活に興味がなく、自分の趣味をとことん掘り下げるオタクである。思春期の様相が全く見えず、どこか中学生離れした達観を持つ人物のように受け取れる。

ラノベならともかく、こういった心情描写を重視する小説において、このように人間や社会を達観するキャラクターがむやみに描かれることはない。実際、徳川以外の中学生たちは皆、恋に部活にスクールカーストに非常に敏感であった。なのに徳川だけが例外である。徳川は少年Aのように、一般的中学生の範疇を逸脱した精神を持つ異常者なのかと、最後まで読者に思わせることが本作最大の叙述トリックだろう。敢えて詳細は伏せる。ただ、徳川という人物の描写はアンの主観でのみ描かれており、それはおそらく著者辻村美月氏が意図的にしたと思われる。

 

また、筆者が手に取った本の解説は筋肉少女帯大槻ケンヂ氏によるものであった。彼は本作品を中二病どうしの初恋はめんどくさい』と一蹴している。そう言われると確かにそんな作品であるような気もする。読み手によって作品から受け取る色合いは全く違うのだなぁと気づかされたところでもあった。

 

余談だが、最近面白い本ばかり読んで不真面目なレビューができないことにもどかしさを感じている。しかし現在読み進めている本はここ最近の良著を消し炭にするレベルのB級クソ小説である。数十ページ読んだだけで突っ込みどころが脳天に降り注ぎ、その総量は一生涯の記憶容量を凌駕するとさえ感じる。次回の読書記録が待ち遠しい。